婚活 初対面

結婚相談所に限らず、婚活をする上でまず重要になってくるのが初対面での会話。

最も、緊張しますし、1番苦手な人も多いのではないでしょうか?

日常で知り合った異性や職場の人であれば初対面で失敗しても、日頃接する機会さえあればリカバリーするチャンスはいくらでもあります。

しかし、婚活においては、初対面に失敗すると2回目はありません。
本当はその人がすごく優しくて誠実だったとしてもです。

なぜなら、優しさや誠実さって相手に伝わるまでに時間がかかるんです。
だから、ルックスがイイ人は初対面有利なんです。

ですが、スゴイ人見知りかつ緊張しぃの私が実際に婚活をしていてこれは好感を持ってもらうのにすごく有効なヒントを差し出がましいですが、教えちゃいたいと思います。

普通は、大体、相手のことを質問するのが多いんです。
私も実際にそうしていました。

本など読んでも「相手に好意を持ちましょう」とか「何が好きか共通点を見つけて盛り上がりましょう」とか書いてるんです。

それは決して間違いではなく、すごく正しいのです。

ですが、私の個人的経験から言うとその会話の仕方は

「堅い」

さらに言うと、質問すれば盛り上がるわけじゃないんですよね。
所詮、世間話と大差ないんです。

また、相手が話したくないことを質問してしまうと逆効果ですから。

では、どうすればいいのか?

それは、「初対面で会ったと思わない」

「はぁ!?何言ってんの?」って思いましたか(^^)

私が言いたいのは「初対面に関しては話の内容より話やすい雰囲気の方が大事」ということです。

気のきいた質問や紳士的なエスコートよりもよほど相手は安心感を持ってくれます。

じゃあ、初対面で会ったと思わないように思ってもらうためにどうすればいいのか?

私がやっていることの1つは、「本当に異性の友達と会った時と同じような順序で話す」ことにしています。

例えば、アナタが久しぶりに友達の異性に会った時にまず何と話しかけますか?

「こんにちは。今日天気いいですね。どこか入りますか?それとも少し歩きますか?」

なんて、聞きますか?(^^;)

普通は、

「おぉ!久しぶり。なんか瘠せたね!っていうかさ、さっき電車でココ来る時にさ前に座ってた女子高生がね…」

みたいな感じで話しますよね。

これを少し丁寧に話せばいいだけです。

「初めまして♪写真と同じで細いんですね~。良かったぁ、全然イメージ違う人来たらどうしようかって。あっ、さっきココに来る時に電車で来たんですけど…」

みたいな感じで私は話すようにしてます。

多少、一方的になってもそれで雰囲気が良くなって相手が話しやすくなるならガンガン話します。

とにかく「私はアナタを受け入れてますよ。心、私は開きますよ」っていう雰囲気を伝えることが初対面ではすごく大切だと思います。

いろいろ質問するのはそれからでも全然、遅くないですし、その方が私の経験上は2回目、3回目のデートに確実に繋がっています。